肉々劇場〜

 このコーナーは肉々の好きなこと、思ったこと、出来事
などを好きな様に語る、日記とは一味違った場です

2005年4月8日(金)
ボロボロ・・・
めっちゃ久しぶりに、仲間の格闘技サークルの練習に参加してきました・・、が、キツイ・・・。まともにトレーニングしてないからね最近・・。

筋力・スタミナ落ちまくりで”若干筋肉のあるアンガールズ”みたいな体・・、脚がついていかない。パンチがきてもよけれず、もらいっぱなし。寝技はなんとか対応できるが、やはりスタミナがないためドロドロな状態で絡みついてるってかんじ。

現在は激しい首の痛みと、急激な酸欠のためか頭痛がひどく、アイシング中・・。

そんな私の姿を見て哀れみを感じてか、帰りに友人・虎さんがラーメン御馳走してくれました。『ケンちゃんラーメン』。。しかし出てきたラーメンの海苔の言葉に頭痛倍増
”スープより熱く メンよりも長く 愛す ”
海苔に恋文かよ、てか愛バラ撒きすぎだろ。
2005年3月2日(水)
ハッスルハッスル・・・!
岐阜のスキー場で見つけたお土産。

みなさん楽しげにハッスルポーズを決めておられます。
でも後ろのスキーヤーは万歳ポーズ。


ちなみに中身はチョコクランチ。
2005年2月15日(火)
マルガリータ
ボウズ

しちゃいました。
2005年2月12日(土)
2・11
当たり前のように、週一は食していた私の栄養素。280円で食える昼食など他にあるだろうか?!あれからはや一年。
もう無くなってるかも?!、とガンプラを買いに走った少年時代の気分で店にいくと、まだ販売中。
良かった・・。
迷わず大盛りを頼む。
食べる前に記念撮影。
味は・・・、問題なし!!
料金を払うと、2・11アナタは牛丼食べました、という証明書をくれた。満足した。
しかし、店を出て気が付いた。
 「は!私の注文時のお約束、”つゆだく”にするのを忘れた!!」
悩むこと数十秒・・・・・。まだいける・・・。腹具合・・・、良し!!
近くの別の店に入った。
並、つゆだく。  しかし店員が持ってきた牛丼をみて、不安がよぎった。
 「この肉、あんまり煮込まれてない・・・。肉が白っぽい・・。」
思ったとおり肉は硬く味が染みておらず、つゆの味もなんだか薄い。
 この店、駄目だ!!さっきの店で2杯食えば良かった!
『腹、八分目』。 パンパンの腹をさすりながらこのことわざを胸に刻み、店内を出た。

2005年1月30日(日)
共感
肉まんの『聘珍楼(へいちんろう)』さんです・・。
このURLを見た時、妙に親近感を抱きました。

「”29man”でどうでしょうか?」
「いや〜私は”nikuman”がいいと思うのだが」
「nikumanだとキン肉マンと紛らわしくありませんかね課長?」
「では肉まんのマークに顔を描いてみてはいかがかね?」
「さすが部長!!ナウいセンスですよ!ヤングにもウケますねそれは!」
などと会議で真剣に語られたのだろうか・・。

ニクマンドットコム。
ニクニクドットコム。
”29”までかぶってやんの・・・
う〜ん、「ファッキンブラザー!!」と叫びたくなるね。

2005年1月23日(日)
ポン太
居酒屋「ポン太」のイメージキャラクター。名前を店に確認したわけではないから正確には不明だが、彼がポン太なのであろう。居酒屋にイメージキャラ、自体不思議なのだが。
ポン太は夕方になると太鼓をポンポン叩きながら地下街の店の外!で客寄せを始める。
しかし、昼間はご覧のとおり、店内レジカウンター前の冷蔵ケース上でさらし首状態で安置されている・・。
お昼は定食をやっているので私もよく利用させていただいてます。そばかうどん、どちらか選べます。

★ちなみに首から下の胴体の方は、一休さんが母上と称して語りかける木に吊るした”てるてるボウズ”のように、ハンガーにかけられて店内奥の座敷にぶらさげられている・・・。
2005年1月20日(木)
『迅雷』と書いて”いかずち”と読む・・
私も一応名を連ねる総合格闘技サークル、『迅雷』のHPができました。
練習に参加している方が製作してくれているのだが、ペースが速くどんどん良いものになっていく。この勢いだとスゴイものができそうだ。

練習内容は、基本的にはスパー中心で打撃のみ、寝技のみなど各自が練習相手を見つけて行う。もちろん技術練習も行いますし、全くの初心者の方には基本から教えますので、安心して参加できますね。
2年前に全くの未経験でサークルに来て、先日試合に出場した方もおりますよ。

私ももう少し体力が付いたらまた参加したいですね!
やっぱり格闘技は観るよりやる方が全然オモシロい!!
関節キメたりキメられたり、殴り殴られ。どーですかー!!

2005年1月13日(木)
ベビースター
昔からある駄菓子、ベビースターラーメン。
好きです、最近は色々な味が出てるが結局、一番スタンダードなタイプが美味いし飽きない。
と思ってたら、ラーメン屋とコラボした「すみれ」と、やや辛めな「一風堂」味が気に入りました。
関西は売ってないんよね・・。関東限定か?!
ベビースターのCM、カップヌードルタイプってのも昔あったなぁ。カレー味とかもあって、
発売されたとき、”きんきん”こと愛川欣也がCMに出演して。歌ってたな元気よく。
きんきんマーク!!ハイアンドロー、上か下か!
2005年1月1日(土)
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
今年もイイ作品を造れるように頑張ります。スカルとは違った、なにか他のシリーズにも挑戦してみたいですね。
ペンダントが少ないからそっちも増やしていきたいし。

年末、やっぱりテレビに釘付けでした・・K-1&PRIDEに。てかやっぱり二つ一緒はやめて欲しいな。
選手の取り合いにもなるし。年末のテレビとしてはK−1の方が楽しめるネ、カード的にバラエティで。
PRIDEの方が個人的には好きなカードだけど。
ヒョードル×ノゲイラ、 魔裟斗×山本、が良かったな。期待どおりの熱戦で。意外にオモシロかったのがバンナ×サップ。
一番お祭り的なカードで、内容も怪獣映画みたいでグー。
シウバ×ハントは、体重差を考えるとシウバかわいそぉ・・。でも吉田は勝ったから、あまり体格差のことは言えないよな。 
ハントのヒップドロップにはまいった!!
五味強し、近藤の判定はおかしい。
以上!!
2004年12月14日(火)
筋トレ
最近すっかり筋トレ不足・・。
鏡で背中を見て愕然、背筋が無くなってるぅ〜(>_<)。
やはり週1〜2ペースのジム通いでは全然駄目やわ。週3〜4は通わないと。
みるみる筋肉落ちてきてすっかり痩せっぽっち・・・。後3キロは筋肉だけで増やしたいねぇ。
来年はボードに行きたいから、今から脚の筋トレもやっておかないと、すぐバテるわこのままだと。

K−1角田選手が来年復帰するそうだ、やっぱりね。あの人出たがりやもん。でもドン・フライとやりたいて、もーちょい純打撃系の選手とやってくれよ。フライは総合の選手やん。
2004年11月15日(月)
勇次郎
「バキ」の中国編クライマックス、親父対郭海皇。
さすがに今回はきっちり決着つけてくれそうだ。5対5になってから初戦のオリバ以降、明らかに消化試合の連続・・。
息子、バキの試合に至ってはたったの一週で決着。まぁ、昔からバキ絡みの試合はイマイチなの多かったけど。

親父好きの私としては、大暴れに期待したい。
2004年11月7日(日)
見〜つめて♪
以前製作したキャッツアイの石を引っ付けたネックレスです。石が綺麗で好き。
土台のシルバーは、エイリアンのハガーフェイスをイメージして・・。そう、あの顔にベチャって引っ付くやつ・・。
2004年10月30日(土)
ビーニーベイビーズ
肩に乗ってる相方
2005年10月20日(木)
”石が好きな君が好き〜”

「恋の門」って映画を観たさ。
オモシロい・・。石で漫画を描く男とコスプレマニア女の恋愛映画。松尾スズキさんの初監督作だが、独特のセリフまわしといい、クセのある登場人物といい、一見の価値アリ。色んな監督さんもゲストでチョコチョコ出てきてそれもまたグー。  

猪木スカル”
私の記念すべき初スカル作品。普通のスカル造ってもねぇ〜、と思い、”日本に初めてタバスコを輸入した”お方、燃える闘魂をモチーフに。歯以外は燻しもそのままでブラックスカルにしてみました。
200年10月19日(火)
部屋にあるもの・・・
部屋にあるもの、をちょっと紹介。
WWEのスーパースター、”ストーンコールド・スティーブ・オースチン”のドリンクボトル&ペンダント。

ボトルの顔があまり似てなく、どっかの米国人のオッサンにしか見えないところが良い。ポーズも妙に肩に力が入った小さく前にならえ、のようだ。いい味でとるよアンタ。ペンダントは後ろのボタンを回すと目と鼻が赤や青にチカチカ光る、というお台場の夜の観覧車にも引けをとらないすぐれもの。

オースチン、今年の二月に大阪で見たなぁ。生で観たオースチンの”ビールガブ飲み”はサイコーだった。


※WWE=世界最大のプロレス団体。元はWWFだったが”パンダのマークのWWF”と名称が紛らわしいと揉めて変更。オースチン、ロックはその中のトップスター。
2004年10月14日(木)
見過ごした・・・
K−1、録画予約したのに撮れておらず・・。ショック・・。結局最後の試合しか見れなかった・・。最悪だぁ。山本KIDが観たかったのに。

少しはシルバーのことも書かないとね。でないと昔”少年ジャンプ”で連載してたサッカーをしないサッカー漫画、「キックオフ」みたいになっちゃうよ。

一年くらい前にアートクレイで作ったスカルのペンダントヘッド。これは私の2作目のスカルですね。なぜ2つ目から?!そんな野暮な疑問はナシ柔道金メダル3連覇の野村より2連覇の谷亮子の方が新聞の見出しが大きいことをなんとなく気にはなりつつも、しょうがないね〜、と片付けているように!!目の傾き加減はWWEのスーパースター、ロック様の決め顔をイメージしてます。お気に入りでよくプライベートでも使用しております。
200年10月12日(火)
青い春>ピンポン
サイト作りにてこづっていて全然作品を作っていなかったので、久々にやりかけだったものを再開した。なんか感覚が違うナ・・。うまくいかない。造ってるうちに最初のデザインと随分変わってきてるし・・。

「青い春」を久しぶりに観た。映画館でみて以来だ。ミッシェルの曲が異様にはまっててかなり好きな作品。公開当時、同じ松本大洋原作の「ピンポン」も公開しており、松本作品ファンの私は両方観た。が、「青い春」に比べて「ピンポン」、
つまんねぇ〜!!同じ松本作品なのにえらい違いだ。原作をベースに独特の世界を作っていた「青い春」に比べて、まるで80年代アイドル映画のような「ピンポン」・・。浅香唯主演の「YAWARA!」とダブって見えた・・。大倉孝二が唯一の救いだったナ。
2004年10月9日(土)
時計じかけ
久しぶりに「時計じかけのオレンジ」を観た。元々大好きな作品だったが、やはりオモシロい。初めて知ったがキューブリック監督が映画のステレオ音声が嫌いで、BGMの曲をわざわざモノラル音声で録り直したんだと・・・。
なぜに?!キューブリック!よくわからんぞ理由が!
 
私が使用している某私鉄駅ホーム売店に、なぜか一般書店でもあまり置かないような素人系ガチンコ投稿エロ月刊誌「熱写ボーイ」を毎月欠かさず置いているのも解らんが・・・。関西ウォーカーに混ざって・・・。頼むからセロテープで封をするのはやめてくれ!見れないでしょ!!
2004年10月7日(木)
オープンしました!
やっとサイト、オープンしました!!機械音痴の私にはとても厳しかった・・・。パソコンいぢったんはこれが初めてみたいなものだからね・・。無謀というか無茶というか。シルバー製作の方が精神的に楽だよ、融通利かないパソコンより。さ、これからは作品造り再開だ

 


トップページへ戻る

商品一覧 ご注文方法 問い合わせ BBS リンク集 自己紹介 肉々劇場 特定商取引法に基づく表示